鶏ハツとアスパラガスのガーリックバター炒め

鶏ハツとアスパラガスをニンニクバター醤油で炒めました。

アスパラガスはその他の野菜で代用可能、野菜無しでもおつまみとしてイケます。

ネギがなかったので今回はコリアンダーを使っています。





こっちの人は、日本人ほど内臓を食べません。

でも、ときどきスーパーで、鶏の心臓や砂ずり、鶏、豚、牛のレバーなどは見かけることがあります。

友人の話によると、食肉コーナーの棚には載っていなくても、ブッチャーがいるお店なら注文すれば用意してくれるとのことです。

ちなみに私たちは、「IGA(イガではなく、アイジーエーと読みます)」というスーパーで、鶏ハツをよく購入します。



きれいに血抜きして売られているので扱いやすいです。

価格は、キロ当たり8~9ドルくらい(日本円で700円くらい?)。画像のハツは、多分300~400gの間だと思います。これで300円弱。


今年はアスパラガスが安いので、アスパラといっしょにガーリックバターで炒めます。

最後の仕上げは、ネギの小口切りが欲しいところですが、たまたま今回は手に入らず、コリアンダーで代用しました。


材料:

  • 鶏ハツ 300~500g
  • アスパラガス 1束
  • コリアンダー(あるいは青ネギ)適量
  • 牛乳(下ごしらえ用)
  • レモン汁 1/4個分
  • バター 10~15g
  • 醤油 大さじ1程度
  • ニンニク 2かけ
  • サラダ油 少々
  • 塩、黒コショウ 適量


作り方:

  1. 鶏ハツは白い脂肪を取り、切り込みを入れて開く
  2. 血合いが残っている場合は洗ってきれいにし、牛乳に10分ほど浸して臭みをとる
  3. 時間がたったら牛乳を捨て、水で洗ってから水気を切っておく
  4. アスパラガスは茹で、ニンニクとコリアンダー(あるいは青ネギ)はみじん切りにする
  5. フライパンにサラダ油を熱し、ニンニクを炒める
  6. 香りが出てきたら、ハツと塩少々を加え、色が変わるまで中火で炒める
  7. ハツに火が通ったらアスパラガスを加え、さっと炒め、バター、醤油、黒コショウで味付けする
  8. 皿に盛り、レモン汁を回しかけ、コリアンダー(あるいは青ネギ)をトッピングしてできあがり









コメント